ライブ情報

【フリー歌もの】子供達の悦楽/懐かしさのある穏やかな

フリー歌ものを再生する


 

コメント

子供の頃はよくも悪くも素直でした。嫌なときは嫌といい、嬉しいときは嬉しいという。でもそれは今ではたとえいやでも嫌といっちゃいけない、嫌な顔を見せてはいけないのが当たり前になっているのではないか。と思う。自分の感情に嘘ついて相手に嘘をつくことはちょっと辛いかも。

安部 響

 

クレジット

作詞・作曲/編曲 唄 安部 響

 

たわいなくはいしゃいでる 夏の夕暮れに
懐かしいあの風が今を運ぶ

 

たわいなくはしゃいでる夏の夕暮れに
足早に駆け抜けるあの日のように

 

愛のように嘘のように 素直な心がいつまでも
年を取って変わらぬ日々がいつでも続きますように。。。

 

わがままに駆け抜ける振り返ることすら
柔らかいその声が今を運ぶ

 

空のように太陽のように 無邪気な笑顔がいつまでも
時を越えて変わらぬ愛がいつでも続きますように。。。

 

愛のように嘘のように 素直な心がいつまでも
年をとって変わらぬ日々がいつでも続きますように、、

 

いつでも続きますように。。。

フリー歌ものダウンロードする

 

利用規約に同意してダウンロードしちゃおう!

使用報告ページに書き込みしてくれると嬉しいなー

素材ダウンロード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です