境界線

フリー歌ものを再生する

歌詞
作詞・作曲/編曲 唄 アベ ヒビキ

快晴の空の下夏の匂いが

また僕を包む

思い出す夏の前に 悩んでたこの場所でさ

一人きりで海を渡り 遠い場所へ身を運んだ

快晴の空の下夏の匂いが

また僕を包む

あの頃私が見上げた空はいつも

境界線が強く見えた

たくさんの事を学んだ今を想えば

もう怖くないさ

フリー歌ものをダウンロードする

ご利用の前に
素材を利用するには著作表示が必要です。 詳しくは利用規約をお読みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。