隣で唄った夏の歌を

フリー歌ものを再生する

 
歌詞
作詞・作曲/編曲 唄 アベ ヒビキ

  気象学者 が語った

明日は梅雨が明けるだろう

太陽が照らすひまわり

夏の足音が聞こえ

急な坂道を越えて

狭い路地裏を抜けて

虹が見えるあの場所へ

君を連れて駆けだした

何度も空を眺めた

ドキドキする

夏の魔法で

叫びたいくらい

抑えられない

隣で唄った夏の歌を

君の元へ 届くように

今日は何故か頬が熱いな

君と僕で夏を作ろう

 

フリー歌ものをダウンロードする

ご利用の前に
素材を利用するには著作表示が必要です。 詳しくは利用規約をお読みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。